大好きだったヒーロー

子供の頃大好きだったウルトラマン。

 

現在、円谷プロの展覧会が東京都現代美術館にて開催中です。

 

子供の頃夢中で観ていました。

 

当時の撮影方法などが紹介されています。

 

中でも撮影に使われていた街の模型は圧巻です。

 

日本の街並みを表すために欠かせないものは、電信柱のようです。

 

電信柱を入れることでグッと日本らしくなるそうです。

 

本当に鮮明に再現されています。

 

建物の劣化具合まで表現されています。

 

怪獣に破壊された街の模型は、はじめから壊れた街を想定して作るそうです。

 

美術館では一部撮影できる場所もあり、自分がヒーローになった気分で撮影が出来ます。

 

 

非常に面白い展覧会です。お時間がある方は是非足を運んでみて下さい。

 

コサワ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です