バルコニー調査

こんにちは!

今回は「建物調査劣化診断」の中で行う、

「バルコニー調査」のことを

少しご紹介したいと思います。

 

外壁や屋上、廊下、階段など、いわゆる共用部を調査し、

建物がどのような原因でどれだけ傷んでいるのかを

調査するのが「建物調査劣化診断」となります。

もちろんバルコニー・ルーフバルコニーも共用部のため調査致します。

しかしその際には、お部屋の中を通らなくてはなりませんので、

居住者様のご在宅が必要です。

そのために事前にアンケートをお配りし、

こちらでアポイント等、日程を調整させていただき、

本調査に望ませていただきます。

 

そして調査の風景です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ このように打診検査(目視では分かりづらい劣化を、叩いた反響音で特定する)を行い、

目視調査と併せて劣化を一つずつ見つけていきます。(写真は弊社スタッフ)

その際には写真も撮らせていただくのでご了承ください。

調査時間は広さや劣化具合により変わりますが、概ね20~30分程で完了します。

 

綿密な調査には、皆様のご協力が不可欠です。

弊社の日程の都合もございますが、

ご協力いただければ非常にありがたいので宜しくお願い致します。

また、その際に分からないことや気になることなどがあれば、

スタッフにお気軽にお声掛けください!

宜しくお願い致します!

 

ほり(@▽@)v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です