長期修繕計画作成

本日は、長期修繕計画作成業務として、

マンションの調査を行ってきました!

 

まだまだ築5年程度のマンションですので、

劣化状況の確認、というよりは、

仕上げの確認などが主となってきます。

 

 

こちらのマンションの屋上は、

「露出アスファルト防水」という防水工法は施されています。

改修では、既存防水の上から新規のアスファルト防水を施すのが、

一般的な工法となります。

 

・・・といったように、

まず現状把握をし、それに合った工法を想定して修繕計画を作成します。

年数も経っておらず、劣化状況はほとんど確認されないので、

今回は一般的な工法にて計画します。

 

長期修繕計画はマンション維持の観点から非常に重要となります。

物価の変動など経済の変化もありますので、

5~6年に1回は長期修繕計画を見直すことが推奨されます。

拙い文章ではありますが、簡単に紹介を終わります。

 

さて、暑くなったり寒くなったりと

昼間と夜の温度差が激しいので、

ご覧の皆様、体調管理には注意してください!

ではでは。

 

ほり (((°Д°;)))

 

※ 長期修繕計画策定・見直しの詳しい業務については、弊社ホームページをご覧ください

https://www.sankousekkei.jp/total_support/development/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です