シーリング注入体験

こんにちは。

 

あっという間に11月に突入しました。

今年もあと少しです。

社会人になってから時間が経つのが非常に早く感じます。

 

先日、ある物件にてシーリングの注入工事を体験することが出来ました。

シーリング材は建物の防水性・気密性を目的とする防水材料です。

サッシの周りや鉄部の廻りに使用されているゴムのような部材です。

写真のグレーの部材です。

 

 

劣化が進行すると硬化してひび割れをおこし、防水性能を果たしません。

普段はあまり気づかないかもしれませんが、良く見てみると非常に多く使用されています。

補修方法は、カッターで悪い部分を切り取り、新しいシーリング材を注入します。

職人さんは簡単に行いますが、実際はかなり大変でした。

 

写真が私がシーリングの注入を行っている所です。

 

注射器のような道具を使用して注入を行います。力加減が非常に難しかったです。

その後、ヘラを使って余分なシーリングを取り除きます。

すべての作業が難しいです・・・。

一つの場所をやるのにかなりの時間を使いました。

職人さんのすごさを改めて実感した一日でした。

 

コサワ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です