足場解体

昨日は、現場の監理者定例打合せに行ってきました。

この物件は、年跨ぎの工事で計画されており竣工は

来年の1月末を予定している物件です。

ただ年末年始を建物周囲に足場が掛っている状態は

避けようという意向で、現在足場解体の真っ最中と

なります。

 

以前アップしたブログでもお話しした通り

足場仮設工事は大規模修繕工事中で最も災害が

発生する確率の高い危険な工種となります。

監理者としても不安全行動が無いか、第三者災害の

危険は無いか現場代理人へ指示・指導を行います。

 

ただ、足場が解体されたマンションの姿を見るのは

工事の中で一番達成感が得られる瞬間でもあります。

管理組合の皆様にご満足頂けるよう、また

無事故で竣工出来るよう、工事会社と共に

気を引き締めて業務を行って参ります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です