タイルの修繕

みなさんこんにちは

 

先日担当物件の監理者巡回にて、タイルの修繕状況を

確認しました。

 

 

写真は、「タイルの浮き」を修繕しているところです。

 

タイルとタイルの間に穴をあけて、そこからエポキシ樹脂

という材料を注入して浮き部を固定する工法です。

浮いているところを放置すると、タイル剥落…の危険。

下を歩いている方にあたってしまった日には大変なことになります。

このため、タイルの修繕は大規模修繕工事の必須工事です。

 

写真を見ていただくとお分かりかと思いますが

圧入するため、かなりの力で押し込みます。

私にはむずかしいかも…

 

これを日に何百か所と行う職人さんは、ほんとに

体力仕事だなぁと感心いたします。

この日も、汗だくで作業されていました。

 

現場の皆さんお疲れ様です!

私も監理者として、目を光らせていきたいと思います!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です