通勤途中で

通勤途中、東京駅5・6番ホームで大正ロマンを感じさせる装飾がされた柱を見つけました。

明治時代に立てられた架線柱とのこと、緑色に塗られているのですぐにわかりますよ。

貼り付けられている資産票には「M.44(明治44年)」の記載がありました。

東京駅の開業は大正3年のことですのですから、それ以前に建てられたものであることがわかりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です