独自の視点

みなさんこんにちは

 

先日、いとこの子どもたちと会う機会がありました。

 

子どもの体力は無限大、8人相手におばちゃんは

ヘトヘトになりました。

保育士って毎日こんな感じなんだろうなぁ・・・

 

携帯で写真を撮っていると、双子ちゃんにとりあげられ

いつのまにか300枚以上写真を連打されていました。

 

身長100cmほどの彼の、独自の視点による

面白い写真が撮れていました。

 

 

彼らの世界は建築的に見ても

興味深い!

 

棚の上は見えない、大人のおなか、手、

ガスの火が目の前

 

たばこを持つ手は子どもの顔の高さ

などとよく言われますが、

とにかく危険がいっぱい!

 

子どもの施設を設計することは、これからあるのかどうか

わかりませんが、貴重な体験になりました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です