平成の手作りロケット

 

 

 龍勢(りゅうせい)は、10月の第二日曜日に椋神社例大祭に

奉納する神事として、代々伝承されてきた農民による手作りロケットです。

龍勢の起源は諸説ありますが、試行錯誤を繰り返しながら

龍勢を発明した先人たちの行為は、まさに知的好奇心のなせる技であり、

ロケット史において異彩を放っています。

「椋神社の龍勢」は、現在、埼玉県指定無形民俗文化財として

伝承されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です