11月1日

今年も残り2カ月となりました。

年々、時間の経過が早く感じるのはなぜでしょう・・・。

 

さて、本日は1日なので事務所に祭ってある神棚の榊が交換されました。

榊は月に2度、1日と15日(江戸時代までは旧暦の1日と15日)に

取り替える習わしになっております。

榊が替わると、二礼二拍手一礼をし、「儲かりますように!」

いえいえ、「皆が健康で幸せに過ごせますように」と祈念しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ神棚をおまつりするのか

「(省略)それぞれの家には家の「魂」があり、様々な職業にも魂といえる信念や誇りがあるはずです。神棚には国や土地の神々をまつると共に、個々の家の魂をもまつっているのです。そして日々の感謝や祈りを捧げることによって、そこに集う人々の和や秩序が生まれてきます。家族の絆が薄れたと言われる現代社会、祖先の伝えた生きる知恵を思い起こしたいものです。 」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です