石造最初の重要文化財

正月に御茶ノ水に行く機会があり、駅前にロシア正教の教会(東方教会)らしい外観の「ニコライ堂」が目に入ったので立ち寄りました。

建物の概要説明板に「日本最初の石造重要文化財」とあり驚きました。

「ニコライ堂」とは愛称で正しくは「東京復活大聖堂」とのこと、1992年から日本教会の本山である「ニコライ堂」は国の重要文化財として修復が開始されたとのことです。

拝観時間は10月~3月まで13時から15時半まで、4月~9月は13時から16時までです。

御茶ノ水へ行かれた際には拝観をされてみてはいかがでしょうか、少し違った「風」を感じるとおもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です