飯能の銘菓

先日、営業で埼玉県の南西にあります飯能市(はんのうし)にあるマンションへ伺った折り

「四里餅」(しりもち)と言うう大福があることを思い出し購入してきました。

飯能市永田にある「大里屋本店」など、市内の一部でのみ販売しております。

 

「四里餅」の由来は、その昔、飯能の山奥で伐採された杉「西川材」を江戸へ運ぶ際に、

いかだ師達はいかだに組んで名栗川の四里の急流を下り、

その帰りの上り道で饅頭を食べて力を付けたといいます。

 

小判形の大福に「四里」の焼印が入っているのが特徴です。

横に焼印があるのがこし餡、縦に焼印があるのが粒餡となっています。

餅一つの重さは、食べやすい様に約70gですが、かつては約200gもあったそうです。

 

飯能へお越しの際は、一度購入していただきいかだ師達が餅を食べ、

尻餅をつかずに難所をのりっきた様に力をつけていただきたいと思います。

 

yjimage[1]

 

 

******************************************************************

三幸設計は マンション大規模修繕工事コンサルティング に特化した技術者集団です。

三幸設計が関東一円でこれまでに携わったマンション大規模修繕工事

 マンションのコンサルティング実績 をご紹介しています。

大規模修繕工事の施工例 を写真でご紹介しています。

マンション大規模修繕・改修にお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

   お問合せフォーム

*******************************************************************