マンションのバリアフリー化!

 

みなさん、こんにちは。

前々回の記事にて、

最近ではマンションの居住者は住み替え派より、

永住派の割合が圧倒的に多いというお話がありましたね。

 

そこで本日はマンションのバリアフリー化についてお伝えいたします。

住み慣れたマンションでも、年齢を重ねるごとにバリアフリー環境が必要となってきます。

また、バリアフリー化とは高齢者対策でありますが、

妊娠中の女性や、お子様への配慮にも繋がります。

 

代表的なバリアフリー化として

◎段差の解消

◎手すりの設置

◎廊下やエントランスの床面を滑りにくい材質にする

◎敷地内への適度な休憩用ベンチの設置

◎エントランス入口扉の自動ドア化

などが挙げられます。

 

 

三幸設計でもバリアフリー化の過去事例がいくつかございます。

【段差の解消・手すりの設置】

 

図3

 

図4

 

 

 

 

図1

 

図2

 

バリアフリー仕様でないマンションの方々は、長期修繕計画や大規模修繕工事の中に共用部分のバリアフリー化計画を組み込んでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

三幸設計では、今までに携わったマンション管理組合様へインタビューを しております。

お客様インタビューとして紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

お客様インタビュー1

お客様インタビュー2

お客様インタビュー3

******************************************************************

三幸設計は マンション大規模修繕工事コンサルティング に特化した技術者集団です。

三幸設計が関東一円でこれまでに携わったマンション大規模修繕工事

 マンションのコンサルティング実績 をご紹介しています。

大規模修繕工事の施工例 を写真でご紹介しています。

マンション大規模修繕・改修にお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

   お問合せフォーム

*******************************************************************