「今」の修繕積立金が適正かどうか分からない方へ。

皆様こんにちわ。

これを読まれている方は、居住者としての責任と将来のマンションのありたい姿を

真剣に考えていらっしゃる方が多いのではないかと推察します。

 

結論から言うと、適正かどうかは「長期修繕計画表」にあります。

 

一口にマンションといっても形状や使われている材質などによって

修繕する際の費用は大きく変わります。

例えば…

吹き抜けの多いマンション → 足場設置の費用高

海岸に近いマンション → 鉄部の錆の進行周期早

機械式駐車場のあるマンション → 維持・更新費用増

規模が小さいマンション → 一戸当たり費用高

 

それぞれのマンションによって必要となるメンテナンス費用・戸当たりの負担額は違うのです。

 

そういった要素が正確に反映された長期修繕計画表を作成することで、

将来に渡って必要になる工事をきちんと賄えるだけの修繕積立金が分かります。

 

それが適正な金額です。

 

国土交通省「マンションの修繕積立金に関するガイドライン」によると、

平均的な金額は、1㎡当たり200円程度と試算されています。

 

例:80㎡のお宅 → 16000円

 

しかし、この平均金額は、最大値と最小値の幅が大きいため

どのマンションにも平均があてはまるわけではなく、注意が必要です。

 

ご自身のマンションにとって本当に適正な修繕積立金はいくらなのか、

まず、現時点で最も正確な長期修繕計画表を作成し、知ることが重要です。

 

将来に渡って安心・安全・快適に住めるマンションを維持し続けましょう。

我々にはそのお手伝いができます。

 

******************************************************************

三幸設計は マンション大規模修繕工事コンサルティング に特化した技術者集団です。

三幸設計が関東一円でこれまでに携わったマンション大規模修繕工事

 マンションのコンサルティング実績 をご紹介しています。

大規模修繕工事の施工例 を写真でご紹介しています。

マンション大規模修繕・改修にお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

   お問合せフォーム

*******************************************************************