「給湯管の水漏れ」の経験はありませんか?

こんにちは(‘ω’)

みなさんのマンションで「給湯管の水漏れ」の経験はありませんか?

15年~20年ほど経過したお宅では、水道管の老朽化により漏水が起こることがあります。

マンションの水道管は一般的に、硬質塩化ビニルライニング鋼管というものを使用されていますが、

お湯・給湯管には、銅管が使用されています。

実はこの銅管自体に突然穴が開いて、漏水事故になる事が増えているのです。

 

このことを「ピンホール現象」とよび、金属表面で起こる局部腐食の形態を指します。

金属の表面に針で差したような小さな穴があき、その内部に腐食が進行します。

原因は水の温度や流速での管内の摩擦によって肉厚の薄い部分が削られるなど様々です。

銅管(漏水)

(↑ 銅管のピンホールによる漏水のイメージ)

 

ピンホールによる漏水発生が、竣工後10年から15年ほど経過したマンションに多いのは、

ジワジワと僅かに削って行くため、銅管の成分構造に影響を与えるまで約10年程度必要であるからです。

そして厄介であるのは、このピンホール現象は一度修理しても、

近いうちに別の場所で再発する可能性が極めて高いことです。

 

 

ですから部分的に改修するよりも、全体的に交換するなどの処置がおすすめです。

またその際の配管材料などは、維持管理のことなども考慮して選定することが大切です。

そのほか解体を伴う工事となる場合は、給湯管だけでなく配管設備そのもののリフォームも検討されることをお勧めします。

 

なお、漏水がマンションの全世帯数の約5%程度の発生率に達したら、

管理組合で「みなし共用部分」として対策を行うことも視野にいれるとよいでしょう。

漏水事故は比重をおいて検討するべきものと考えます。

 

皆様でお困りのことや、マンションに関すること、大規模修繕工事に関することなど、

出来る限りわかり易く皆さまに説明できるよう、面談も受け付けております。

何かありましたら、下記よりお気軽にお問合せください♪

 

******************************************************************

三幸設計は マンション大規模修繕工事コンサルティング に特化した技術者集団です。

三幸設計が関東一円でこれまでに携わったマンション大規模修繕工事

 マンションのコンサルティング実績 をご紹介しています。

大規模修繕工事の施工例 を写真でご紹介しています。

マンション大規模修繕・改修にお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

   お問合せフォーム

*******************************************************************