《手抜き工事》シーリング工事における「増し打ち」

こんにちは 三幸設計の佐藤です。

シーリング工事中のことです。

撤去したシーリング材を見ると、見事な「増し打ち」でした。

本来、古くなったシーリング材をしっかり撤去して、新しいシーリング材を充填することで線防水としての役割を果たすのです。

しかし、古いシーリング材を撤去せず、その上から新しいシーリング材を「塗れ」ば、撤去する手間は省け、新規シーリング材も安く上がります。

前回の工事は格安でできたということらしいですが、こういう裏があったのですね。

増し打ちシール

増し打ちシール

/佐藤

******************************************************************

三幸設計は マンション大規模修繕工事コンサルティング に特化した技術者集団です。

三幸設計が関東一円でこれまでに携わったマンション大規模修繕工事

 マンションのコンサルティング実績 をご紹介しています。

◆ 大規模修繕工事の写真 をご紹介しています。

◆ 三幸設計によるセミナー をご紹介しています。

◆ 移り行く日々。 スタッフブログ をご覧ください。

マンション大規模修繕・改修にお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

   お問合せフォーム

*******************************************************************

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です