《タイル仕上げ面の止水ライン》

最近、タイル仕上げ物件で「タイル浮き」が多いように思います。

この物件では、タイル陶片浮きではなく、タイル張り付けモルタルやタイル下地モルタルの浮きが著しいようです。

良くご覧ください。

タイルが動いています。

落下したら大変でしたね。

ここでは、ご覧いただいた「タイル張り付けモルタル」と「下地モルタル」との浮き(界面剥離)以外に、「下地モルタル」と「コンクリート躯体」の浮きが多くあります。

※この状態は、ここ10年で新たに発生した不具合とは考えられません。ところが前回工事での補修跡が見受けられません!!

浮きタイル斫り確認

浮きタイル斫り確認

浮きタイル斫り確認2

浮きタイル斫り確認2

その上、その下地モルタルと躯体の間に雨水が流入し、滞留していました。

施工者の報告では、最初にシールをカットした時には結構な勢いで「水が流出」したとのことです。

「増し打ち」という手抜き工事は駄目なんだという当然の事実と、「止水ライン」の意義を再確認させられます。

※そもそも、前回工事のシール工事も「増し打ち」で酷かった!!

設計監理者として、これらを如何に「再発」無く、かつ「リーズナブル」に根本解決するか手腕を問われます。

 

/佐藤

 

******************************************************************

三幸設計は マンション大規模修繕工事コンサルティング に特化した技術者集団です。

三幸設計が関東一円でこれまでに携わったマンション大規模修繕工事

 マンションのコンサルティング実績 をご紹介しています。

◆ 大規模修繕工事の写真 をご紹介しています。

◆ 三幸設計によるセミナー をご紹介しています。

◆ 移り行く日々。 スタッフブログ をご覧ください。

マンション大規模修繕・改修にお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

   お問合せフォーム

*******************************************************************

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です