《断熱改良工事》新築時、断熱材の厚みが不足しすぎて冷気・結露に苦しんできた4!

 

結露や冷気に悩まされてきた居住者の方々の期待に対し、一般の大規模修繕工事ではあまり例のない対策工事を実施してきました。

各室の居住者様、そして施工担当諸氏のお陰で最終クールに到達しました。

途中、想定外の漏水や結露について即時対策をしなければならない状況となりましたが、施工スタッフの熱意ある対応に助けられました。

佐藤による検査

佐藤による検査

佐藤による検査

佐藤による検査

検査タイミングから、断熱材(発泡ウレタン)の検査は、手直しと同時進行です。

断熱工事の手直しの後、翌日以降は石膏ボード、クロスほか内装復旧工事や換気扇交換工事があり、その後、サッシを更新します。

サッシは使い勝手が悪く網戸を設け辛い縦軸回転タイプから引き違いタイプに変更し、Low-Eペアガラス換気小窓付きです。

このあと、居住者さんには結露対策と冷気対策のためのご案内ができると良いですね。

 

/佐藤

 

 

******************************************************************

三幸設計は マンション大規模修繕工事コンサルティング に特化した技術者集団です。

三幸設計が関東一円でこれまでに携わったマンション大規模修繕工事

 マンションのコンサルティング実績 をご紹介しています。

◆ 大規模修繕工事の写真 をご紹介しています。

◆ 三幸設計によるセミナー をご紹介しています。

◆ 移り行く日々。 スタッフブログ をご覧ください。

マンション大規模修繕・改修にお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

   お問合せフォーム

*******************************************************************

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です