【民泊】どうされていますか?3月15日に備えて。

皆さんの管理組合では民泊への対応はどうされていますか?

この件、関係ないとして放っておくと、ある日を境に、さまざまな海外からの旅行者がお隣の部屋を出入りすることになります。

民泊を容認するか、否定するかについて、管理組合として対応しておかないと、事実上容認として扱われてしまいますのでご注意ください!

●実施時期

・施行:2018年6月15日

・準備期間として3月15日(届け出受付開始)

届け出・・・行政では、要件が整えば届け出を受理する。

規約改定が間に合わず、施工前の準備期間中に届け出されたらどうなる?

→規約改定しないとトラブルになる可能性大!

※既にトラブルになっている例では、管理組合側に不利になる!!

●3月15日になるとどうなる?

・住宅宿泊事業法届出受付開始

※受付時に仮届出番号発行

・仲介サイトへの掲載

(6月15日以降合法となる旨の表示)

※サイト上で予約可能?

→予約受付OKとなる可能性大!

●6月15日になるとどうなる?

・住宅宿泊事業法施行

・仲介サイトへの掲載

※仮番号から届け出番号への表示切替

・違法民泊(届出番号無し)の掲載削除

・標識の設置開始

・マスコミでの民泊解禁報道

→一気に拡大の可能性大!

 

/佐藤稔

 

 

 

******************************************************************

三幸設計は マンション大規模修繕工事コンサルティング に特化した技術者集団です。

三幸設計が関東一円でこれまでに携わったマンション大規模修繕工事

 マンションのコンサルティング実績 をご紹介しています。

◆ 大規模修繕工事の写真 をご紹介しています。

◆ 三幸設計によるセミナー をご紹介しています。

◆ 移り行く日々。 スタッフブログ をご覧ください。

マンション大規模修繕・改修にお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

   お問合せフォーム

*******************************************************************

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です