調査からマンション大規模修繕工事のコンサルティングまでをトータルサポート

マンション大規模修繕工事の目的は躯体機能・美観の回復の他、住環境の向上や、財産価値の維持向上などが上げられます。

その目的を明確にして、三幸設計はバランスの取れた設計を心がけ、ポイントを抑えた修繕工事を行います。

目的を明確にしたうえで、以下の4つの流れによりマンション大規模修繕工事を進めていきます。

マンション大規模修繕工事の流れ

 

診断内容

弊社は建物の細かな部分まで、丁寧に診断します。下記は、弊社が一般的に行う診断項目とその流れです。

1.事前調査

  • 竣工図書、修繕履歴、各設備点検記録簿等関係書類の確認
  • 機械試験実施箇所調査

2.アンケート調査

建物調査アンケートは、外観調査では確認できない事項や部分について状況把握をすると共に、意見・要望を聞くことを目的とし、マンション大規模修繕工事実施に向けての検討や、建物劣化調査診断をするうえの基礎資料とします。

3.本調査

 

 3-1. 目視・打診診断

 目視・打撃診断

パルハンマー、テストハンマーで部分打診、全面打診を行います。目視・打診診断

 

 

 

外観目視診断

剥離、欠損、白華現象(エフロレッセンス)、ひび割れ、さび水の付着、膨れ、(はらみ)汚れ、水漏れを診断します。

 

3-2. 機械診断

コンクリート中性化試験

コンクリート中性化試験年月の経過により、空気中の二酸化炭素等の作用を受け、コンクリート内部は徐々にアルカリ性を失っていきます。この現象をコンクリートの中性化といいます。
中性化がコンクリート構造物の表面から内部に向かって進行していくと、中にある鉄筋周辺のコンクリートがアルカリ性を失うため鉄筋が錆やすくなり、コンクリート構造物の劣化の原因となります。コンクリート部中性化深度試験は、このコンクリート構造物の劣化の原因である中性化の進行状況の見極めを目的としています。

塗膜付着強度引張試験

塗膜付着強度引張試験既存塗膜の下地に対する付着強度を測定することを目的としています。
試験実施時点での破断箇所を検定することにより、改修塗膜及び既存塗膜、ならびに既存塗膜と躯体部分における付着力等の判断材料とし、これらの試験を通じて、次回の改修工事における塗膜仕様の検討資料を得ることを目的としています。

タイル付着強度引張試験

タイル付着強度引張試験既存塗膜の下地に対する付着強度を測定することを目的としています。
外壁タイルの付着強度を測定することを目的としています。タイル付着強度の測定は、調査時点でのタイルがどの程度の付着強度で下地に付着しているのかを見るものであり、その結果が既存タイルの処理方法を選定するひとつの判断材料となります。

 

シーリング物性試験

シーリング物性試験

現状のシ-リング材劣化度の把握及びそれに伴う改修時の使用材料の判定を目的としています。

非破壊診断

赤外線映像装置を利用し、剥離部分と健常部分の熱伝導の違いによる温度差を測定して外壁の剥離部分を診断する赤外線装法を併用します。

3-3. その他の診断

耐震診断

「建築物の耐震改修の促進に関する法律」により、昭和56年以前に建てられた建物で壁式構造の中・低層建築物以外のものを対象に、耐震診断に関する指針が公表されています。

電気設備診断

劣化診断を効率よく行うため、予備診断、1次診断、2次診断、3次診断と段階的にレベルを高めていく方法を用います。

配管診断

漏水や赤水により劣化が発見されるのでは遅過ぎます。早い時期に、配管の診断により劣化現象を把握して、配管の寿命を延ばすための的確な対策をとることが大切です。

機器診断

ポンプ、タンク、熱源機器、衛生器具、空調換気機器などの劣化は経年劣化に寄るところが大きいため、日々の日常点検や定期点検が重要になります。しかし、突発事故を防止するためにも、定期的に専門業者の診断により老化原因を明らかにして、維持保全効果を高めることが大切です。

※診断項目は下記のように多岐にわたります。これらの中から一部を抜粋して行うことも可能ですが、マンションには、数多くの異なる材料、部品、部材が使用されています。そのため、すべてトータルで考えて結果を融合させて改修計画を立てることをお勧めします。

 

◆マンションにみられる主な劣化現象とその原因

エフロレッセンス(白華-はくか-)

エフロレッセンス(白華-はくか-)モルタルやコンクリート中に含まれる石灰分 (水酸化カルシウム)が水に溶けて表面に流れ出し、白く結晶化する現象。主にコンクリートのひび割れや、タイル及び石張りの目地から生じる現象をいいます。この現象が表面化しているということは、躯体内部にひび割れ等何らかの水道(みずみち)があることを示しており、止水処理を施す必要があります。

コンクリートのひび割れ

ひび割れの発生原因は、コンクリートの材料・配合(調合)、施工、使用・環境、構造・外力またはその組み合わせなど様々ですが、放置した場合ひび割れが大きくなるだけでなく、ひび割れ部からの雨水浸入等により爆裂等を招き、構造躯体の脆弱化を招く恐れがあることから、適切な時期に補修を行うことが必要です。

鉄筋爆裂(-てっきんばくれつ-)

鉄筋爆裂(-てっきんばくれつ-)コンクリート内鉄筋が発錆・膨張し、この時生じる圧力が周囲のコンクリートを破壊する現象。鉄が錆に変化すると体積は約2.5倍に膨張するとも言われます。放置すると、躯体内部の鉄筋に直接的な被害が発生し、構造上の劣化につながることから、大規模修繕時に補修を行うことが必要です。

コンクリートの中性化

鉄筋コンクリートは、鉄筋の酸化による腐食をコンクリートのアルカリ性で保護していますが、鉄筋の位置近くまで中性化が進行すると、鉄筋の防錆保護効果が失われ、鉄筋爆裂を誘発します。大規模修繕時において適切な塗装、防水等を施し、躯体を被覆することで、中性化の進行を食い止める事が肝要です。
※診断方法は(2)機械診断参照

チョーキング(白亜化-はくあか-)

チョーキング(白亜化-はくあか-)

壁面や鉄面に塗られた塗装材やシーリング材の表面に、それぞれの含有成分が粉化して表出する現象で、指で触ると微粒な粉が付着します。この現象は、紫外線や風雨等外的要因による劣化であり、躯体を保護する機能の脆弱化を示しています。
適切な時期に再塗装を行うことで、延命が可能です。

ブリード

塗装がシーリング目地の上だけ変色し、埃が付着して、表面が薄黒く変色してしまう現象を言います。シーリングはそのものが防水材であるため、この部分の劣化は内部への雨水侵入などを引き起こす恐れがあるため、適切な時期に打ち替えを行うことが必要である。

 

お気軽にお問い合わせください。TEL:03-5730-1900受付時間 9:30-18:30 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせはこちらお気軽にお問い合わせください。