調査からマンション大規模修繕工事のコンサルティングまでをトータルサポート

マンション大規模修繕工事の目的は躯体機能・美観の回復の他、住環境の向上や、財産価値の維持向上などが上げられます。

その目的を明確にして、三幸設計はバランスの取れた設計を心がけ、ポイントを抑えた修繕工事を行います。

目的を明確にしたうえで、以下の4つの流れによりマンション大規模修繕工事を進めていきます。

 

マンション大規模修繕工事の流れ

 

 

 

 基本設計

 1. 建物劣化調査診断の報告書に基づく修繕方針の決定

報告書の見解と居住者のアンケート調査実施。予算を含めた要望を踏まえ、今回の工事の修繕方針を決めていきます。

2. 概略工事費と補修範囲の検討

外構も含めた建物全体を対象とした工事費を概略的に算出。修繕仕様と範囲を絞り込みます。

 

実施設計

1. 設計図書・工事仕様書の作成

工事費を積算する(見積)のに必要な設計図面と工事仕様書を作成します。

2. 積算内訳書(工事予算書)の作成

工事全体の金額を把握するため、積算内訳書を作成します。設計図および現地調査などから積算を実施。工事仕様書より各項目の単価を入力して予算書を作成します。

3. 設計図書の作成提出

すべての図面・仕様書などを製本し、改修設計図書として綴ります。

◎説明、打合せ、調整など

設計図面・仕様書の内容を説明し、マンション管理組合(理事会)様にご理解頂きます。また、変更や追加のご要望などを調整。他にも色彩計画を検討しご提案します。必要に応じて合成パースなど適当な表現方法を選択いたします。

お気軽にお問い合わせください。TEL:03-5730-1900受付時間 9:30-18:30 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせはこちらお気軽にお問い合わせください。